新型コロナだから、ではない歯科医院の予防策

0

     新型コロナウイルスに関しての報道が日々アップデートされています。

    怖さを感じると共に、感染に対して神経を尖らせている方も少なくないことと思います。

     

     歯科医院の感染対策はどうなっているんだろうと思っている方もいらっしゃるかもしれません。

    至近距離で口腔内に触れることによるイメージのようです。

     

    結論から言えば、歯科医院ほど感染対策に気を配っているところはありません。

    なぜならまさに診療の性格上、普段から高度な対策を要求されてきたからです。

    タービンハンドピースの患者さんごとの交換や診療毎のチェアーユニットの清浄消毒などは当たり前。治療毎の術者の手洗い、うがい励行等、様々なさらに深い対策も行なってます。

     

    例えば「水」。

    当医院では塩素濃度が低下しない仕組みを早くから取り入れています。電解中性機能水システム『ポセイドン』といいます。

    ユニットやタービンはもちろんトイレに至るまで、院内全ての治療水の衛生状態を「細菌数検出限界以下」という最高レベルに保っています。

    水は、患者さんが座るユニットチェアーにも流れています。あらゆるバイオフィルム(細菌産生膜)が形成されないように対策しているのです。

     

    さらに、私たちはふつうに生活していても、手や口に実に多く触れています。

    危険はどこにでもあると言えます。

     

    新型コロナウイルス対策として普段より強化していることはあります。

     

    一つは、よりこまめな換気です。換気扇による24時間全室常時換気は言うまでもなく、患者さんのいらっしゃる合間に医院の扉を定期的に開放しさらなる対策を行っています。

    また同時に、院内の加湿・空気清浄機の稼働・口腔外バキュームの使用で飛沫感染の対策を行っています。

     

    患者さん自身での対策もお願いしています。診療前にEO水(酸化電位水(次亜塩素酸水))によるうがいを行ってもらっています。口腔内は細菌が多いのでEO水でのうがいによって口腔内の細菌を減らす、自身とその場にいる方々を守る大切な行為です。

     

    さらに患者さん同士の接触を可能な限り避ける予約管理まで含めて、強化策を日々行なっています。

     

     

    現在、新型コロナウイルス対策には明確な治療法がないと言われています。

    それはすなわち予防を徹底するしかありません。

    感染予防はイメージではなく科学。

    普段からの感染対策とノウハウをさらに進化させて医院を運営してしています。

     

     

     

     


    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
    << October 2020 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • 再生治療:金丸先生講演その2『3つの大切な柱』
      神奈川のDH
    • 再生治療:金丸先生講演その1『再び生まれる…再生』
      小川
    • 再生治療:金丸先生講演その1『再び生まれる…再生』
      中島

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM