手洗い、うがい、そしてなんといっても起床直後の歯磨きは必須!

0

     コロナウイルスが猛威をふるっており、冬という季節もあいまって感染への心配はつきません。

     

    さて、以前このブログでもお話しました「標準予防策(Standard  Precautions)」。
    「全ての湿性生体物質は、何らかの感染性を持っている可能性がある」という概念を前提にした感染予防対策の総称です。

    例えば、手洗いひとつとっても洗い方やその後の処理などにより、感染しやすさは変わります。感染の原理を知ることが重要ですね。

     

    そこで、当院で気をつけ実施していることを今回ご紹介します。


    ■感染対策の柱:手洗い(手指衛生)。

    1)まず流水で水洗いし、付着した有機物を取り除きます。(手指に付着した有機物は消毒剤の作用を減弱させるためですが、院内では電解中性機能水がすべての水道の蛇口から出てきます)

    2)ハンドソープなどを用いて手指全ての表面を十分に泡をたて、互いに強くすりあわせます。

    3)指先、特に爪の周囲、指の間、手背、手首及び親指の付け根を十分に洗います。

    4)その後流水で十分に洗い流し、ペーパータオルでふきとり乾燥させます。


    ■EO水*を用いて:うがいを行います。
    *酸化電位水(EO水)は水道水に食塩を加え電気分解を行い生成されます。多くの病原微生物やウィルスを瞬時に除菌しますが、薬品と違って残留性がなく、人体に無害です。EO水は様々な場面で応用されています。

    ※北山茂野歯科医院では各患者さんの治療前及び治療後のユニット清拭や口腔内洗浄また患者さんのご自宅での含嗽用とし患者さんにお分けしています。


    ■重要な予防策として再認識: 起床後の歯磨き。

     就寝中は唾液の分泌量が減ります。口腔内は細菌が繁殖している状態です。朝起きてうがいをする方は多いようです。しかし、うがいだけでは細菌を除去することはできません。ブラッシングを行うことによってはじめて細菌数を減らし、ウイルス等が上気道で感染するリスクを減らすことにつながります。ブラッシングつまり起床後の歯磨きが予防のポイントです。

     

     

     以上の3つのことを、標準予防策として大切にして特にこの期間は乗り切っていこうと思います。


    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    << February 2020 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • 再生治療:金丸先生講演その2『3つの大切な柱』
      神奈川のDH
    • 再生治療:金丸先生講演その1『再び生まれる…再生』
      小川
    • 再生治療:金丸先生講演その1『再び生まれる…再生』
      中島

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM