シャープニングに想う、歯科衛生士とプロ意識

0
     今年も残すところあとわずかになりました。
    何となく慌ただしさを感じる時期ですね。自宅も医院も少しずつ大掃除の準備です。

     最近は家庭でも、大掃除などを代行に任せるところが増えているようです。
    プロはさすが油汚れもすっきりキレイ、一度試したら止められないという友人もいます。
    その友人いわくプロは段取りよく、効率的だそうです。

    専任業務に徹して、他は外部に任せる。
    アウトソーシングの醍醐味ですね。
    しかし、これ、本当に賢いのでしょうか??


     さて、今回のテーマはシャープニング
    当医院ではシャープニングをデンタルハイジニストが行います。
    あえてこう書いたのには理由があります。
    シャープニングについて、「誰がいつやるんですか?」
    セミナーでよくこんな質問を受けるからです。

     昨今は、外注する歯科医院も増えてるようですが、当医院ではデンタルハイジニスト自ら行います。ドクターも行いますが、管理はデンタルハイジニストの仕事です。

     ひとつの意見として「シャープニングは率直に言って「研ぐ」作業」
    口腔内の仕事に携わるハイジーンの範疇ではないという方もいます。



     シャープニングは作業ではありません。

    自分の道具のコンディションを意識する仕事です。
    患者様の大切な口腔内を預かる際に、ベストな状態で臨めているか。
    これは理屈ではなく、意識の問題です。

    道具がどんな状態かわかること。
    自分の大切な道具のポテンシャルを常に意識するためです。


    #
    大掃除も自ら行えば、
    何がどこに、どれだけあるか把握できるでしょう。
    必要なもの、不必要なものもわかります。
    賢い生活、人生に関わることになります。




    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << September 2018 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • 再生治療:金丸先生講演その2『3つの大切な柱』
      神奈川のDH
    • 再生治療:金丸先生講演その1『再び生まれる…再生』
      小川
    • 再生治療:金丸先生講演その1『再び生まれる…再生』
      中島

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM