医院待合室も冬の装い

0

     新年おめでとうございます。

     当医院の待合室も冬の装いです。
    壁にかけた立派な書、『冬日閑(のどか)』。
    冬の長閑な趣を味わい、健やかに、日々を過ごせる幸せを噛み締めたいものです。

    書 閑日冬

    さて、昨今「一流」という言葉を目にする機会が増えたように思います。
    豊かになった証ともいえるかもしれませんし、一流が減った…のかもしれません。

    この年末「一流の仕事」ってなんだろう?と考えていました。

    一流のプロ。彼らは、ものごとをとても簡単にこなします。
    とても軽やかに洗練されています。

    ・本質は何かを常に問う姿勢があり、
    ・大切なこととそうでないことを見分けることができ、
    ・自分の仕事を論理的に把握できる

    3つの力が備わった人ではないかと思うのです。
    例えばスケーリングひとつとっても、上の3つをくぐれる人とそうでない人は結果が全く違ってくる。

    少しでも一流に近づければと精進したいと肝に銘じた年明けでした。

     

    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << September 2018 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • 再生治療:金丸先生講演その2『3つの大切な柱』
      神奈川のDH
    • 再生治療:金丸先生講演その1『再び生まれる…再生』
      小川
    • 再生治療:金丸先生講演その1『再び生まれる…再生』
      中島

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM