バイオフィルムと全身疾患

0
      ーバイオフィルムー
     患者さんとお話ししていると、最近少しずつ認知されるようになってきたことを感じます。

    バイオフィルムは「台所の排水溝あたりのぬめぬめしたもの」や「お風呂のふたのぬめぬめしたもの」と表現できます。簡単に言うと雑菌の集合体が自分たちの出す糖タンパク質で覆われ、それがぬるぬるするのです。お口の中のプラークも様々な細菌が集合体となった「バイオフィルム」と言えます。

     そもそも、バイオフィルムとは前述したように「細菌の分泌する多糖体が高分子化合物をつくりその中で細菌がさらに集合体となったもの」
    バイオフィルム中の歯周病菌によって「糖尿病・脳血管障害・心筋梗塞・糖尿病・ガン・低体重児早期出産…」等のリスクが高まる事もわかっています。

     治療や予防にやっかいな存在と思っておられる方も少なくないかもしれません。


     その中でも、糖尿病について。歯周病の予防が、糖尿病の発症や糖尿病の緩解につながることはご存じですか?

     歯周病菌が産生する内毒素はTNF-α(腫瘍壊死因子)の産生を推し進めることがわかっています。TNF-αは、血液中の糖分の取り込みを抑える働きもあるため、血糖値を下げるホルモン(インスリン)の働きを邪魔してしまうことにより糖尿病の発症と密接にかかわります。
    また内臓肥満であるとTNF-αが多く発現することもわかっています。


    バイオフィルムの除去→口腔の健康を保つこと→全身の健康につながる。

    こうした連鎖の意識を、患者さんに定着させる事が大切です。

     昨今、テレビ広告では、バイオフィルムを破壊するうがい薬なんて宣伝しているものもあるようですが、うがいや抗菌薬は全く効果がありません。高分子化合物は隙間がないために分子量の違う、抗菌剤・抗生剤・抗体がバイオフィルムの中に入り込むことができないからです。

     つまりバイオフィルムは、スケーリング、ルートプレーニング、そしてブラッシングといった「物理的除去」によって破壊するしかないのです。

     口腔内から全身まで患者さんの健康を守る仕事。私達歯科衛生士の使命は大きいのです。



    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << May 2018 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • 再生治療:金丸先生講演その2『3つの大切な柱』
      神奈川のDH
    • 再生治療:金丸先生講演その1『再び生まれる…再生』
      小川
    • 再生治療:金丸先生講演その1『再び生まれる…再生』
      中島

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM