『咬合』を考える 〜前歯と臼歯の咬合状態〜

0
      歯周病と虫歯。患者さんが大きく関心を寄せる2つです。広告など普段目にする機会が多いせいもあるのでしょう。

    かたや、患者さんにはいまひとつ理解が進んでなくとも、歯科治療を行う医院側で関心が高いことの1つが「咬合」です。

    さて、咬合と言われてすぐ浮かぶのは、ブラキシズムやクレンチングではないでしょうか。口腔内をみれば把握しやすいのでそう答える歯科衛生士さんも少なくないと思います。

    しかし、一歩先をゆく歯科衛生士さんなら、さらに目を配りたいことがあります。前歯と臼歯の咬合状態です。

     咬合力のコントロールが歯周病の予防や治癒には欠かせない要因であることはご存じの通りです。

     そこで考えたいことが、アンテリアガイダンスとバーティカルディメンジョンの関係です。

     前歯と臼歯はそれぞれ異なった機能を持ち合わせています。同時にお互いがお互いを支え合っている関係性に有ります。その一例として前歯のかみ合わせに問題が有ると、臼歯部に咬合痛や知覚過敏、ひいては骨吸収等を招来します。
     臼歯部のかみあわせに問題があると、上顎前歯が下顎前歯につきあげられ、前方にフレアーアウトし、歯の移動を引き起こします。

     咬合の問題は歯周組織や歯、顎関節にも影響を及ぼします。
    ブラキシズムやクレンチングのほかにも前歯と臼歯の咬合状態にも目を配りたいですね。





    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << July 2018 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • 再生治療:金丸先生講演その2『3つの大切な柱』
      神奈川のDH
    • 再生治療:金丸先生講演その1『再び生まれる…再生』
      小川
    • 再生治療:金丸先生講演その1『再び生まれる…再生』
      中島

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM